アダルトチルドレンの思考をポジティブ変換してくれる無料スマホアプリ*「ネガポ辞典」のご紹介

アダルトチルドレンで悩んでいると

「どうして、こんなに物事を

ネガティブに とらえられるのかしら^^;

もう、これってほとんど

特技としか言いようがない(_ _)」って

 

ドツボにハマってしまうこと、

ありますよね?

 

 

本当に真剣なのに

笑いたくなるほどネガティブ。

 

そんな状況を

無料アプリで簡単変換してみましょう。

 

 

このアプリの開発・発案者は

なんと女子高生!

 

女子高生でもできる思考ポジティブ変換が

大人の自分にはできないのか(°_°)と

落ち込むことはありませんよ。

 

それ自体、ネガティブでしょ?

 

さて。

このアプリは、どんな内容か?というと

使い方は簡単です。

 

50音順に

アプリの中にネガティブワードが

ザラッと入っています。

 

で、気になるネガティブな単語を選ぶと

その単語の逆の意味

「ポジティブワード」が

表示されるという仕組みです。

 

 

例えば、

「優柔不断」なら

「フレキシブル」

「良いところを見つけるのがうまい」

「想像力豊か」

「考える力がつく」

「迷うのも一つの楽しみ」

といった具合。

 

ものごとというのは、みんな

 

「長所」=「短所」

「短所」=「長所」

 

それが、あなたの個性で

アイデンティテーなのだということ。

 

悪い側面でしか現実を受け取らないから

気持ちが落ちて辛くなるだけ。

 

良い側面から自分を見ようとしないのは

あなたが、そういう見かたをすることに

羞恥心や罪悪感を持つクセがあるから。

 

それだけです。

 

ま、ダラダラと説明を読むよりも

無料アプリをダウンロードして

試してみてください。

 

ちょっと、プププッと

笑えますよ^^

 

 

 

**無料アプリ・ネガポ辞典**

https://android.app-liv.jp/001096221/

 

 

アダルトチルドレンカウンセリング*4月の予約ご案内

4月のアダルトチルドレンカウンセリングの予約受付のご案内です。

今月・来月上旬のご予約が混み合っているため

直近のご予約が受けられない状態です。

いろいろ、お待たせして申し訳ありません。

順次、対応させていただいておりますので

今しばらくお待ちください。

 

下のカレンダーをクリックすると

現在のサロンの最新予約情報を確認できます。

■各サロンのご案内■

ピンクハート神楽坂サロン 午前10時30分〜午後6時まで

ピンクハート錦糸町分室  毎月第二・第四火曜日のみ 午後1時30分〜午後5時まで

ピンクハート柏の葉サロン 毎週金曜日 午前11時から午後4時まで

ピンクハートオンラインカウンセリング 午前10時から午後10時まで(午後9時受付〆切)

ピンクハートメールカウンセリング  1往復 24時間受付

ハートオンラインカウンセリングのみ当日予約を受け付けます。

ハートすべてのカウンセリングは、前払いです。

ハート柏の葉サロンのみ、初回無料カウンセリングを受け付けます。

ハート柏の葉サロン・錦糸町分室は、お子様連れOKです。

■カウンセリング料金 

ぽってりフラワー初回カウンセリング90分        12,960円
ぽってりフラワー継続カウンセリング60分      6,480円
ぽってりフラワーオンラインカウンセリング45分 3,240円
ぽってりフラワーメールカウンセリング1件    1,080円

 

乙女のトキメキ3月のご予約は、全日満席です。

乙女のトキメキ4月8日まで、満席です。

詳細は、こちらからお気軽にお問い合わせください。

ご相談、お問い合わせ、お待ちしています^^

【ご案内】3月のアダルトチルドレン・カウンセリングご予約日程のお知らせ

アダルトチルドレンカウンセリング、3月の予約スケジュールのご案内です。

【3月の予定】 
 
*神楽坂サロン、または、出張カウンセリング* 
 
3月16日(木)、19日(日)、20日(祝) 、21日(火) 
 
23日(木)、25日(土)、26日(日)、27日(月)
 
 
*錦糸町分室* 
 
3月14日(火)、28日(火)
 
 
*柏の葉サロン* 
 
3月17日(金)、24日(金)、31日(金)

メニュー・料金のご案内は、こちらからご確認ください。

メニュー・料金のご案内

各サロンとも、先着順で、ご予約をお受けしています。

詳細は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

ご予約をお待ちしています。

【無料ダウンロード冊子】必ず効果を得られる
アダルトチルドレン・カウンセリングの上手な利用法
購読申し込みはこちら

あなたが思っているアダルトチルドレンって、何ですか? | そもそも、アダルトチルドレンって?

ごきげんいかがですか。

心理カウンセラーの加納由絵(かのうよしえ)です。

 

今日は、

あなたが思っているアダルトチルドレンって、何ですか?ということについて

そもそも、アダルトチルドレンって?ということから

お話しをしてみたいと思います。

 

私のサロンでは、家族カウンセリングを行っています。

家庭内の問題は、

やはり、ご相談者様ご本人だけでは解決できない問題ですから

ご家族の方からの聴き取りや、状況確認も必要になります。

 

この時、いつも感じることがあります。

それは「ご本人から聴いていた話と違うな」ということ。

 

「本当に自己中で、ひどい母親なんです。私の言うことなんて聞いてくれない!!」

長年、それがツラくてアダルトチルドレンになったという

ご相談者様のお母さまと面談をすると

お話しで聞いていたのとは、まったく違う、

どちらかというと人見知りで控えめな自己主張がヘタなお母さまだったりします。

 

こんな時、ご相談者様は

「ウチの母親は外面がいいので、加納さんの前だから、そういう態度をしたんです!!」と

激しく抗議してこられたり、反発してこられたりします。

 

ご相談者様ご本人の家族カウンセリングへの希望や本音は、

「私からは言えないから、加納さんが母を叱ってください!!

私を不幸にしたのは、あなただ!!って、母を責めて、私を擁護してください!!

もう二度と、私にツライ思いをさせるな!!って説得してください!」

 

「私の家族は、みんな ひどい家族で、私を ないがしろにし続けて

私は、長い人生、ずっと耐え続けてツライ人生を送ってきました。

もう自分は何がしたいのかわかりません。生きていてもツライだけです!!」

 

こういう方、とても多いです。

現代のアダルトチルドレンの自覚を持っている方は

こうした悩みを持っておられますね。

 

確かに、そういう二面性を持ったお母さまもおられますが

これは、実は ほとんどの場合、

ご相談者様ご本人の勘違いが原因のことが多いのです。

 

 

 

具体的な例をあげてみましょう。

 

あなたが発車間際の電車に乗りたくて

ホームへの階段を大急ぎで駆け下りてきて

電車に乗ろうとした瞬間に、目の前でドアが閉まってしまった場合。

最後尾車両の車掌さんと目があったのに、ドアを閉められてしまった場合。

 

そんなとき、あなたは、どう思いますか?

 

「私が美人なら待ってくれたクセに!」

「世の中の誰も、私なんかに親切にしてくれないんだ!」

「私って、何をやっても運がないな。。」

「こんな小さな望みも叶わない人生なんて、生きていたって虚しいだけ」

このように、自分にとって、

何でも悲観的に ものごとをとらえてしまうクセが、ついていませんか?

 

そして、

「こんなに必死で階段を駆け下りてきた私に気付いたのに、あの車掌さんはドアを閉めた!」

「誰も私の気持ちなんて、理解してくれない!」

「私のことなんて、誰も相手にしてくれない!」

「周りの人に見られて恥ずかしい」

 

このように、誰かに理解されなかったことや

受け入れられなかったことや恥ずかしさを感じて

「寂しさ」「虚しさ」「恥」「自己嫌悪」「他者からの拒絶感」

このような感情で心が一杯になってしまうのが

アダルトチルドレンと自覚している方に見られるパターンです。

 

これが、もし他の人だったら、どう思うでしょうか?

 

「まあいいか。鼻息荒く飛び乗っても、車内でフーフー言ってたらみっともないし(-.-)」

「あ、ラッキー。次の電車、急行だ!そっちの方が早く着くわ(^o^)♪」

「とりあえず走ったから、ちょっとは運動になったかな~。最近、運動不足だし」

「時間が あまったから、キオスクでノド飴買える^^」

「あ~あ、またやっちゃった。明日は、あと5分早く家を出よう」

 

同じ事件に出くわしても、人によって感じ方が全然違うことに気が付きましたか?

 

この、何か出来事にあった瞬間に、

自動的に頭に浮かんでくる考えのことを

認知行動療法で、「自動思考」といいます。

 

あなたは、この「自動思考」が、他の人と違う構造になっているために

自分に対して、悲観的に物ごとをとらえてしまう心の状態になっています。

 

よく、ご相談者様からお母さんの話を聞くと

「母は、私が、あんなにツラかったのに、まったく悪気がなくやっていたんです!

そういうことがあったことさえ忘れているし、話したら

『あら、そうだったの。ゴメンナサイね』って、アッサリ。

何十年も、私がその言葉で苦しんで来たことなんて、全然わかってなくて。。」

 

このような言葉が出てくることがあります。

 

実際、お母さまは、あなたにツライ思いをさせようと思って

ワザと、そういう言葉をかけた訳ではありません。

だから、覚えていないし、アッサリ謝れるのです。

何の悪意もなかったから。

 

でも、あなたにとっては、それは悪意に満ち溢れた言葉に聞こえました。

だから、ずっとツラかったのですよね?

 

なぜ、その言葉が悪意に満ち溢れた言葉に聞こえたのか?

 

それは、あなたの「自動思考」の構造に問題があるからです。

 

あなたが思っているアダルトチルドレンというのは、

実は、「自動思考」の構造の問題なのです。

 

さて。

ここまでの記事で、あなたは どう感じましたか?

 

「あんなにツラかったのに、それって、結局

私の自動思考の構造が悪いってことですよね?

私が悪いってことですよね?

私が何とかしなくちゃならないってことですよね?

誰もわかってくれなかったのに、誰かに理解して欲しかったのに

結局、加納さんも そういう風に私のことを考えていたんですね・・」

 

そう思った方、多いのではありませんか?

 

この考え方、受け取り方自体が、

実は、「自動思考の構造の問題」で起きていること、

気が付きませんか?

 

あなたは、そういう方向にしか

物ごとを受け取れない、感じられない、考えられない

心のクセが染み付いてしまっているだけで

それは、あなたが悪い訳でも、あなたの責任でもありません。

 

あなたの心のパターン、見えてきましたか?

 

私がサロンで行っているカウンセリングは、

こうした心の構造を持っていることによる

ツラさや苦しさ、生きづらさの状態を

アダルトチルドレンという自覚を持って受け止めている方のケアやサポート、

 

そして、楽に生きられて幸せになれる方法を

認知行動療法を通して習得していただくためのカウンセリングです。

 

 

 

では、次回は、この「自動思考」についての説明と

認知行動療法で、どのようにしたら「自動思考」の構造を

変えることができて、アダルトチルドレンから抜け出すことができるか

その方法について、ご説明したいと思います。

 

宝石赤一週間読むだけで自動思考とアダルトチルドレンについてわかる

 無料メルマガ読者登録受け付け中shokopon

 

 

 

 

「家でも泣けない」選択という拷問| アダルトチルドレン カウンセリング

ごきげんいかがですか。

心理カウンセラーの加納由絵(かのうよしえ)です。

 

「家でも泣けない」

 

そう思ったことはありませんか?

 

家でも泣けなかったら、いったい どこで泣けば良いの?って

それがアダルトチルドレンの心の痛みだと

私は思っています。

 

 

最近、子供の虐待の話題が

とても社会的に問題視されて、ニュースなどでも取り上げられています。

 

でも、これは明らかに目視確認ができる虐待のケースが、ほとんど。

タバコの火を押し付けられたり、骨折の跡があったり

着ているものや肌が汚れていたり、

爪などの状態から栄養失調だと確認できたり。

 

目視確認できる虐待は、氷山の一角に過ぎません。

 

今日は、「選択という拷問」について、お話しをしてみたいと思います。

 

「選択」というと、「選択肢」を与えられるのだから

とても自由なことのように感じられますが、

実は、この「選択」というものは、立派な「拷問」だという考え方があります。

 

これは、軍事的な話になりますが

捕虜となった兵士が、自分が処刑されるか、

仲間の捕虜となった兵士を、自分が銃殺するかを

敵側から「選択」させられるという拷問があります。

 

これにより、仲間の兵士を銃殺してしまった兵士は

死ぬまで、この「選択」に苦しめられ続けます。

 

でも、誰も責められません。

 

「だって、自分で選んだのだから」

 

そう言われてしまうのです。

 

 

あなたは、子供の頃に

「人生の選択肢」を与えてもらえない苦痛を経験したこともあるでしょう。

 

でも、それと同じように

「選択する」苦痛を経験させられたこともあるのではないでしょうか。

 

親から、「選択」を迫られた経験はありませんか?

 

そして、その選択が、今でも あなたの心を縛り付けていて

あなたの心を痛めつけていて、蝕んでいて

あなたを苦しめ続けてはいませんか?

 

 

無意識の、とっさの選択を、

あなたは ずっと後悔し続けてはいませんか?

 

 

でも、その「選択」は、

そのときの、あなたには、それしか選べないことだったのです。

 

そういう環境に置かれていたのです。

 

誰も助けてはくれなかったのです。

 

 

「選択」という、目に見えない虐待を

あなたは受けたことはありませんか?

 

 

「自分で選んだのだから!!」

 

そう責められたことはありませんか?

 

 

過去の選択は変えられなくても

未来は自由に選択することができるのです。

 

あなたの人生を、大切に育ててくださいね。

 

 

 

いつも人から責められているように感じてツライのは、なぜ?|アダルトチルドレン カウンセリング

ごきげんいかがですか。

心理カウンセラーの加納由絵(かのうよしえ)です。

 

あなたは、人から

「なに、スネてるの?」

「何を、そんなにムキになってるの?」

「大人げないねww」と言われたことはありませんか?

 

今日は、

いつも人から責められているように感じてツライのは、なぜ?

というお話をしてみたいと思います。

 

 

日常の会話で、ごく当たり前の状態で

相手の人が、何か その人の持論や意見を言うのを聞いたとき

あなたは、とっさに身構えてしまうクセがありませんか?

 

あなたは心の中で、常に相手の人と自分を比較して

物ごとを考えるクセが染み付いていますね。

 

「あんなことを考えられるなんて。。」

「そんな風に、物ごとを捉えられるなんて。。」

「そういう発想の持ち主だから。。」

 

こんな具合に。

 

そして、その後に続く言葉は

「それに比べて、私は。。。(x_x;)」

 

ではありませんか?

 

あなたは、人の意見や考えに触れると

「責められている」ような気がしたり

「劣等感」を感じたり

「自分の至らなさ」や「不甲斐なさ」を感じて

 

なんとか惨めな気持ちにならずに済むように

いろいろな自己防衛のための考えを起動し始めます。

 

 

「でも、あの人は所詮は。。」と、相手の人を蔑んでみたり

「自分の方が上だということを示したい」と、猛烈に何かにのめり込んだり

「バカにしてみたり」という自己防衛の心の動きです。

 

 

相手の人が、どんな価値観を持っていようが

相手の人が、どんな人生を歩んでいようが

それは、あなたとは全く関係のないことだし

あなたが動揺するようなことではないハズなのですが

 

とにかく、あなたは そういうとき

イライラして、ムカついて、怒りがこみ上げてきて

 

相手を攻撃せずにはいられなかったり

卑屈にならずにはいられなかったり

とにかく無性に焦ってみたり。

 

そして、しばらく経って冷静になってみると

そういう自分の自信のなさが、虚しくて、恥ずかしくて、悲しくて

 

「どうして、私って いつも こうなんだろう」って

落ち込んでしまうのではありませんか?

 

 

それは、あなたが常に

「自分への評価を基準にしなければ生きられない環境」

長い間生活をしてきたことに原因があります。

 

あなたの人生の進捗状況は、あなたにしかわかりません。

 

あなたの人生は、あなたのものです。

 

50年生きた人と、15年生きた人と、

30年続けている人と、先月から始めた人。

 

進捗状況が違って当たり前だし、

だから、人生は楽しいのです。

 

 

そうしたことから受ける「劣等感」や「焦燥感」のために、

あなたは、必死で自分をガードしてしまい

 

その結果、「あなた、プライド高いね~~∵ゞ(´ε`●) ブハッ!!」と

周囲の人達からバカにされてしまい

余計に傷付いて、劣等感を上塗りされてしまうのです。

 

「みんな、お見通しだよΨ(`∀´)Ψヶヶヶ」と

嘲笑われているような苦痛に襲われてしまうのですね。

 

 

「私、たったコレだけの人間ですが、何か(*´ェ`*)?」

 

 

あなたには、そう言う勇気がありません。

 

 

だから、ツライのですね。

 

 

 

このツラさは、たった3つのステップを知るだけで

簡単に解決することができます。

 

 

抜け出す方法を手に入れて

素敵な人生を創ってくださいね^^

 

 

 

あなたが欲しかった、たった2つの言葉 | アダルトチルドレン カウンセリング

ごきげんいかがですか。

心理カウンセラーの加納由絵(かのうよしえ)です。

 

地震が続きますね。

私は、来月 福島へお邪魔する予定なのですが

現地の方のお気持ちを考えると、複雑な気持ちになります。

 

 

さて。

今日は、あなたが欲しかった、たった2つの言葉について、お話をしたいと思います。

 

先に、先日の記事、未来からの「あの人」アダルトチルドレンのトラウマ解消法

私が実際に行った、自分自身のトラウマワークについて

お話しておきますね。

 

 

 

私が思い浮かべたのは、幼いころの私の姿でした。

夕暮れ時に、墓地の奥で、1人で膝を抱えてしゃがんでいる私の姿です。

(私の実家は檀家寺で、墓地は、その私の実家にありました。)

 

もう家に入らなくてはならない時間なのに、

家で待っている、いろいろなことを考えると入りたくなくて

 

埋み火になっていく焼却炉の中の、灰の中にチラチラと揺れる炎を

ボンヤリと見つめて、胸の中に一杯の辛さを抱えていたとき。

 

その時の幼かった私に、現在の私が声をかけました。

 

「一緒に来る?」

 

その言葉を聞いたとき、幼かった私が、

声をかけた現在の私を振り向いて

ジッと私の顔を見て

ワッと泣きながら、しがみついて来たのを感じました。

 

「一緒に来る?」

 

その言葉は、自然に心の中に湧き出して来ました。

 

 

私は、逃げ出したかったのです。

誰かから、そこから連れ出して、助けて欲しかったのです。

 

「一緒に来る?」

 

その言葉を聞いたとき、私は知りました。

 

今、現在の私は、安心できる場所にいるのだと。

 

ちゃんと自分の居場所があって、安心できる家庭があって

心穏やかに自分で居られる場所を得ることができているのだと。

 

 

そして、そういう私を理解してくれ、知ってくれている

たくさんの人の存在が、現在の私にはあって

 

その環境が、私を幸せにしてくれていること。

 

そして、その環境を求めて、そこに自分を置くことを選んだのは

誰でもない私自身だったということ。

 

そうした安心できる環境に、

あの時の、幼かった私を連れて来てあげたい。

 

「大丈夫」と、「もう、大丈夫」と。

 

 

逃げ出したかった。

 

逃げられなかった。

 

子供だったから。

 

耐えるしか、自分の生きられる場所がなかった。

 

 

それが、私が自分自身に行ったトラウマワークでした。

 

この後、私は半日くらい何も手に付かない状態で

ずっと、1人で泣き続けていたことを覚えています。

 

今でも、泣きながらしがみついてきた

幼い頃の私の手が、私の服を握りしめたときの

着ている服が引っ張られる感触を覚えています。

 

必死で私の服を握りしめて

絶対に離したくないと言う感じの、ものすごい力でした。

 

脳内の、幻想ですが。

 

 

アダルトチルドレンで苦しんでいる人が

待ち焦がれていて、絶対に誰もかけてくれない言葉。

 

それは、「どうしたの?大丈夫?」

 

この言葉ではないだろうかと、私は思っています。

 

 

実は、この言葉は「ゲートキーパー」が同じ言葉を使います。

 

ゲートキーパーとは、自殺を考えている人をサポートする「命の門番」のこと。

自殺を思いとどまらせるために、援助活動をしている人のことです。

 

アダルトチルドレンが待ち望んで、待ち焦がれている

このたった2つの言葉は、

 

死を考えている人に接するときと、同じ言葉なのです。

 

 

アダルトチルドレンは、甘えでも、くだらないプライドでもなく

トラウマに縛り付けられて苦しんでいる

あなたの心の状態なのです。

 

あなたの辛さは、未来から来ているのでも

天から降ってきているのでもありません。

 

過去の経験が、それを作り出しているのです。

 

 

人は、生きている限り、

生き続けている限り、

苦しみや辛さを避けて通ることができません。

 

でも、その原因や根拠さえ、しっかり把握できれば

それに向けての対応策を考えることができます。

 

 

「どうしたの?大丈夫?」

 

 

そんな言葉をかけてくれる人と出会える環境を探してくださいね。

 

 

 

 

アダルトチルドレン「木を見て森を見られない人達」|あなたの不安を消す方法

ごきげんいかがですか。

心理カウンセラーの加納由絵(かのうよしえ)です。

 

紅葉シーズンも後半。

いろいろな観光地は、どこも賑わっているのでしょうね。

 

私も、紅葉狩りに行きたいな~と思いつつ

室内業務に明け暮れております(><;)

 

この時期は、仕事の移動中に、電車や車の窓からでも

きれいな紅葉が見られたりするので

「ま、いっかな^^;」と思ったりもしていますが。。

 

さて。

あなたは、「木を見て森を見ない」という言葉は

良くご存知だと思います。

 

今日は、「木を見て森を見られない人達」というお話をしてみたいと思います。

 

アダルトチルドレンで悩んでおられる方は、

どうしても「ピンポイント」で悩みを捉えるクセがついているような気がします。

 

 

たとえば、木と森の例に例えてみると

 

虫食いの枯れかけている木を見つけると

その木ばかりに気を取られてしまって

 

「この枯れかけている木をなんとかしなくちゃ!!」とか

「この虫を退治できる殺虫剤は?虫の除去方法は?」と

 

その木を復活させるために、全神経を集中させて

とても一生懸命に悩みまくってしまうのですが

 

ちょっと冷静に、周りを見回してみましょう。

 

虫食いの木は、その1本だけですか?

以前も、似たような被害にあったことはありませんでしたか?

その虫は、どこから来ましたか?

そもそも、どうして そういう虫が繁殖する環境になったのでしょうか?

それは、いつ頃からでしたか?

 

 

物ごとは、何でもそうですが

ピンポイントで、今 目の前にある問題や現実には

必ず、それに至るまでの経緯や、原因、理由、などがあります。

 

全体を把握できていなくては、

問題そのものの解決を考えるのは困難です。

 

アダルトチルドレンの場合は、

自分の価値基準で物ごとを判断することが苦手なので

どうしても、今 目の前にある問題や現実に

固執したがる性質があります。

 

自分の判断で方向を選べなくてフリーズしてしまうので

意識が問題や悩みにピンポイントで張り付くことや

そこから動かずに悩みから来る痛みを感じることで

自分を安心させようとします。

 

それは、今 目の前にある悩みから来る痛みに耐えていれば

とりあえず、そこに自分の居場所があるし

「自分の判断で選ぶ」という不安な行為に触れずに済むからです。

 

 

なぜ、自分の判断や価値基準で選ぶことが苦手なのか?というと

「自分の判断が正しいのかどうかに自信が持てないから」

 

どうして自信が持てないのか?というと

「あなたは、自分の判断で価値基準を持つことを奪われてきたから」

または、無意識に、それを抑制し続けてきたからです。

 

アダルトチルドレンが「木を見て森を見られない」理由は、

「自分で動くことが不安だから、動けない」

 

そして、この悪循環を繰り返して

いつも、隅っこで1人で外の様子をうかがってしまうことになります。

 

 

「自分で動くことが不安だから動けない」ときは

自分と相性の良い「ガイド」をつければ良いだけのことです^^

 

ガイドというのは、この場合ならカウンセラーや相談員ということになるでしょうか。

 

1人で不安なら、誰かと考えれば良いのです。

 

そして、それは安心できるプロに相談するのが間違いありません。

 

 

あなたは、さんざん傷付いてきたので

基本的に臆病な人です。

 

小さなことが、とても不安を増幅します。

 

プロと一緒に現実を捉える習慣、考える習慣に慣れて

少しずつ心の免疫を付けていくことが

今のあなたには必要な方法かもしれません。

 

心の予防接種はありません。

 

少しずつ自己免疫をつけていくしかないのです。

 

あなたにあった免疫を手に入れてくださいね。

 

 

★12月20日(火)13:30~17:30まで (先着限定1名様)

1日でアダルトチルドレンの悩みを解消

アダルトチルドレン「3つのステップ」1Day集中セッション

 

  詳細は、お問い合わせください。

 

 

 

 

アダルトチルドレンの笑顔が美しい理由 | アダルトチルドレン カウンセリング

ごきげんいかがですか。

心理カウンセラーの加納由絵(かのうよしえ)です。

 

あなたは、自分の笑顔って知っていますか?

意外と知りませんよね?

 

今日は、アダルトチルドレンの笑顔が美しい理由について

お話をしてみたいと思います。

 

私は、いろいろな方と向き合ってお話をさせていただくのですが

アダルトチルドレンのご相談に来られる方というのは

本当に笑顔が美しいのです。

 

その「美しい」の意味は、「濁りがない」という感じ。

 

とても、「ピュア」なのです。

 

純粋、というのでしょうか。

 

 

アダルトチルドレンの方とお話をしていて

ちらっと笑顔が見えると

「ああ、素敵な笑顔だな~」と、いつも見とれてしまうのです。

 

 

これは、良くも悪くも

「スレてない」のでしょうね。

「世間知らず」というと、かなり語弊がありますが。。

 

それだけ、必死で自分を殻の中に閉じ込めて

守って生きて来たのだろうな、と

そんな気がするのです。

 

世の中の毒にさらされていない

ストレートな純粋さ。

 

「子供のような笑顔」

 

あなたは、そう言われたことはありませんか?

 

 

人が、子供の屈託のない笑顔に惹きつけられるのは

失ってしまった、自分の清らかさを思い出すからかもしれません。

 

そして、そういう笑顔を

今でも持ち続けていられるアダルトチルドレンに対して

嫉妬をしたり、ムカついたりするのでしょうね。

 

アダルトチルドレンがイジメの対象になりやすいのは

そういう、何気ないことにも原因があるのです。

 

やってられませんね。。

 

でも、私は できることなら

そういう、あなたの純粋さ、ピュアな美しい笑顔は

ずっと、そのままであって欲しいなと

そう思っています。

 

 

あなたは、心が清らかな人だから

世の中の醜いものや、自分の中の醜いものに

とても敏感。

 

今度、無意識に笑顔になった瞬間を

誰かに写真に撮ってもらうと良いですよ。

 

どんな有名なモデルさんよりも、

素敵な、清らかな笑顔を浮かべていることに

きっと、気がつけると思います。

 

ためしてみてくださいね^^

 

 

 

 

 

 

「性格診断」が好きな人は要注意!| アダルトチルドレン カウンセリング

ごきげんいかがですか。

心理カウンセラーの加納由絵(かのうよしえ)です。

 

年末を意識しはじめる時期になると、

「あなたの来年の運勢!!」なんていう占いの広告が、

いろいろと目に入ってくるようになりますね。

 

そして、インターネットで調べ物をしていたりすると

「あなたの◎◎診断」とか、性格診断の広告が目に入って

ついつい、クリックしてしまうこと

あなたは、ありませんか?

 

 

占いや性格診断、面白いですよね。

 

私も、自分で やってみて

 

「へ~~~(^◇^;)」と、ビックリしたりしています。

 

 

さて。

そういう遊び感覚で性格診断を利用するのなら良いのですが

その診断結果で、深刻に悩んでしまう方が、けっこう多いのです。

 

今日は、そういう方のために

「性格診断」が好きな人は要注意!というお話しをしてみたいと思います。

 

 

世の中には、実に さまざまな性格分析の種類があります。

ストレングスファインダーやエニアグラムなど、

コーチングや心理関連の指導・アドバイスを受ける際に

実際に、診断を受けた方や、自分で行った方もあると思います。

 

その結果、いかがでしたか?

 

思った通りでしたか? 意外でしたか?

 

 

ここで、最も注意して欲しいことは、

「性格診断は、あなたをラベリングするための道具ではない」

ということです。

 

 

確かに、そうしたデータに基づく診断を

心理傾向や、現在のあなたの思考傾向を知るために利用するのは、

心理・診療のためにも、非常に有効です。

 

でも、残念ながら、人の心理状態・心の中というものは

常に一定ではないのです。

 

例えば、診断を受けたときにリストラの不安に晒されていたら

それを軸にして思考が動くことは、わかりますね?

 

失恋した直後に、結婚についての意識調査や診断を受ければ

どうしたって、失恋した状態が、診断結果に影響をします。

 

つまり、性格診断や検査というものは

「あなたの人格をラベリングするため」のものではなく

「今、現在、あなたは、どのような考え方をし易い状態になっているか」

視覚化する作業なのです。

 

ですから、失恋した直後に受けた診断結果で

「あなたは、結婚生活に否定的な意識を持っている」という結果を見て

「やっぱり、私は そういう性格だから失恋したのだ」と思うのではなく

 

「やっぱり、私は 自分の思考が失恋に影響を受けているのだ」と

自分の心の現状を知るためのツールとして利用するのが

本来の正しい利用の方法です。

 

その結果を見て、

「だから、やっぱり私は結婚できないんだ!」と思うのではなく

「思っていたより結婚ということを意識していた自分がいたことが失恋でわかった」と

失恋のために結婚という現実を、改めて意識した自分がいたことを

確認できた、と そういうことになります。

 

そして、そういう自分がいたことを知り、

では、どうした良いのだろうか?と、

これから自分が向かう方向や思考性を考えるのが

心理カウンセリングで考える、性格診断・検査、です。

 

 

 

 

話が、ややこしくて、わかりにくいですか?

 

ここまで、大丈夫ですか?

 

 

続けますね。

 

 

 

 

アダルトチルドレンの場合は、特に注意が必要です。

 

それは、アダルトチルドレンの人は、

人一倍、自分をラベリングするのが得意だからです。

 

自分で自分にレッテルを貼るのが得意です。

 

「自己肯定感が低い」

「ネガティブ」

「対人恐怖症だ」 などなど。

 

「私は、こういう人間だから、ダメなんです」と

自分に自分が見つけたラベルやレッテルを貼って

そこにいることに、意外と満足していたり、安心していたりします。

 

それは、それ以外に、

「自分の価値や存在意味を判断できる基準がない」から。

 

とりあえず、まずは そこに居て、落ち着いていたいのです。

 

なぜなら、ずっと不安で不安定だから。

どんなに居心地の悪い、レッテルを貼った、みっともない自分の立ち位置でも

自分の居場所が、とりあえず確保できることに

アダルトチルドレンは、とにかく安心したいのです。

 

それは、ひと言で言うと

「アダルトチルドレンは、本当の心の居場所がないから」

 

不安なのです。

 

とても。

 

 

どんなに居心地の悪い場所でも、自分の居場所があることで

 

とりあえず、自分を落ち着かせていたいのです。

 

 

 

不安、なんですよね。。

 

 

 

 

 

 

 

そんな不安な気持ち、あなたにも手放すことができます。

 

 

その方法は、コチラでお伝えしています。

 

どうぞ、一週間ためしてみてください。

 

読後の、ご質問やご感想をお寄せください。

 

ブログの中で、お答えしていきたいと思います。

 

 

あなたからのご質問・ご感想をお待ちしています。