カスケードモデル・家族の不幸の滝つぼ

久しぶりに記事を書いています。

 

自粛制限は解除されましたが

まあ、そうすぐに

動けるというものでもなく

 

実際、都内を拠点に

活動をしている私は

 

やはり5月いっぱいは

身動きできない状態は続いています。

(東京都の公共施設を利用しているので)

 

カスケードモデルというのは

小さな滝の複合体のような、という

状態のたとえです。

 

どういうことか?というと

お父さん

お母さん

お兄ちゃん

お姉ちゃん

お婆ちゃん

 

そういう人たちのイライラや

つらさや苦しさやモヤモヤが

 

高い所からダーッと

滝つぼに向かって落ちていく

滝のように

 

家族の問題は

家族の中のもっとも弱い者

 

弱者に向かって

流れ込んでいく、という状態。

 

家族の中の

一番弱い人間が

 

家族のつらさの滝つぼ状態になる。

 

それが、虐待の構図。

 

もっとも犠牲になりやすいのは

一番したの子。

 

お父さんのイライラが

お母さんに向かい

 

お母さんのイライラが

お姉ちゃんに向かい

 

お姉ちゃんのイライラは

お父さんとお母さんの分も入っていて

 

その全部が、末っ子の

あなたに滝のように流れ込む。

 

あなたは、滝つぼ。

 

家族のつらさの吐き溜め。

 

家族みんながツライから

あなたのことを気にかけたり

助けてくれる人なんて、いない。

 

あなたは、

放置されて

無視されて

サンドバックにされて

 

また、放置。

 

あなたが子供の頃から

ずっとつらかったのは

 

あなたの周りに

ツライ人しかいなかったから。

 

そうした中で生きていると

誰にも相手にしてもらえないし

かまってもらえないので

 

どんどん気持ちが

ひねくれていくし

 

素直になれなくなるし

人なんて信じられなくなる。

 

親たちは虐待していたなんて

これっぽっちも思っていません。

 

自覚ゼロ。

 

なぜなら、自分がつらすぎて

自分が何をしていたのか

まったく気づけなかったから。

 

あなたが子供の頃から不幸なのは

あなたの親がバカだからではなく

 

あなたの親を助けてくれる人が

この世のどこにもいなかったから。

 

それは、あなたの親が

人望がなかったのではなく

複雑性PTSDだったから、です。

 

複雑性PTSDの人は

みっともない自分を

人に見せたくないのです。

 

これを、

見栄っ張りとか

プライドが高いと

自分のことを感じているのが

 

あなたの自分への気持ち。

 

傷つきやすくて

プライドが高くて

 

折れることが苦手で

恥をかかされることが

死ぬほど嫌い。

 

というのは

あなたの性格ではなくて

複雑性PTSDの症状。

 

そして、あなたの親も

これと同じ。

 

だから、あなたは

虐待(ハラスメント)被害を

受け続けていたのです。

 

複雑性PTSDから抜け出せないと

人から嫌われるし

嫌がられるし

見捨てられます。

 

なぜなら、相手に

そう仕向けてしまうのが

複雑性PTSDの症状だから。

 

あなたが悪いわけではないのに

それがあなたの人格だと

勝手に誤解されてしまう。

 

ツライときほど

見捨てられたでしょ?

 

それ、なぜかというと

複雑性PTSDの症状が出ている時の

その人の状態は

 

触れたくない

トゲトゲした

イライラした

不愉快な人だから。

 

トラウマの怒りで苦しんでいる姿は

他人からは

イライラしているトゲトゲ人間に見えます。

 

そういう人は嫌われる。

 

だから、あなたは

それがこわくて

人と関わることができない。

カスケードモデル。

 

あなたがいたのは

家族のつらさの滝つぼです。

 

こころのケア

心がけてみてくださいね。

 

電話で問合せ
LINE友達登録
無料でお答えします
無料冊子プレゼント