元虐待被害者の方が逆境に強いと感じさせられる不思議な状態

 

たまたまなのかも知れないけれど

私が相談を受けている方たちは

 

今のこの状況の中で

あまり揺さぶられていない人が多い。

 

新型コロナウイルスの影響が

いったいいつまで続くのだろう?という

この先の見えない不安は

 

まさに虐待を受けていた

あの環境に似ている。

 

「もう、いい加減にしてよ!」と

心の中で、悲鳴や叫び声をあげていた

あの状態と同じ。

 

複雑性PTSDが生まれる

あの状態と同じ。

 

命への不安や脅威を感じる

あの状態。

 

世間の人たちは

幸せにあったかく生きてきたから

こういう悲劇的な環境に不慣れ。

 

だから、とても騒ぐし

ザワザワするし

 

とってもまともに

トラウマ反応というか

ストレス反応垂れ流しているけど

 

もともと虐待を受けて

その中で、生き延びてきた

虐待サバイバーは

 

意外と、こういう状況に

タフだったりする。

 

 

脅威への対応の

プロフェッショナルな態度を感じる。

 

不安への対応に

慣れたくなんてなかった。

 

 

そんな不本意で

理不尽で

納得がいかないことはないけど。

 

 

 

「毎日、家の中で

がまんしながら過ごさなければならないことが

どれほど苦しいことか、つらいことか」

 

「どれほど、孤独で疎外感に苦しんで

耐え難いことなのか」

 

そんな感じの不思議な強さを

感じさせられる。

 

 

そんなことに慣れることなんて

本当なら経験したくなかったけど

 

生まれた家が、

そうだったのだから仕方ない。

 

DV被害や虐待が

激増している、今のこの状況。

 

あらたな虐待被害者が増えている。

 

虐待をうけて育った子供が

大人になってからも

 

どれほど苦しむか。

どれほど生きることが

大変になるか。

 

今の、この

パンデミックの状況から

想像できるだろうか?

 

終わりが見えないことへの不安。

その苦しみや痛み。

 

誰にも助けてもらえずに

タフになってしまった

元虐待児だった大人たち。

 

また、

個人相談で

茶話会で

 

一緒にお話しましょう。

 

また会える日を

心待ちにしています。