複雑性PTSDが回復せず悪化する人のパターン

虐待被害を受けて育った

マルトリっ子(マルトリートメント、マルトリっ子の意味がわからない方は、ページ末の無料ダウンロード資料を良く読んでください)

とても努力家です。

 

虐待被害の後遺症で

高学歴・バリキャリの方は

けっこう多いと思います。

 

自分に価値がないと思っているから

世間を見返してやる!って勢いで

死に物狂いで勉強するから。

 

で、そういう人は

教育虐待とかも

バシバシ受けているので

 

自分の子供にも

高学歴を望んだりします。

 

「早慶MARCH以外の

彼氏を作ったら許さない!」って

 

娘にそういうセリフを

平気で吐けるような

超絶怒級の母になったりもします。

 

でも、そういう人は

永遠に

達成感を得ることはできません。

 

そうした肩書きは

ただの埋め合わせ。

 

自分への無価値観の

仮の詰め物だから。

 

だから、どんどん

自分への要求はエスカレートするし

人への要求もエスカレートします。

 

そういう人が身近にいると

周りは、とことん迷惑します。

 

「消えてくれない?」と

本気で思われるようになります。

 

それが、現在の

あなたの立ち位置だとしましょう。

 

虐待被害の後遺症は

「現実認知のゆがみが生じること」

 

つまり、なんでもかんでも

自分への攻撃として受け取ってしまう

思考パターン(認知のクセ)が

ついていること。

 

責められた!

叱られた!

嫌われた!

裏切られた!

バカにされた!

侮辱された!

 

なんでも被害として

受け取ってしまう

認知パターンが出来上がっています。

 

なので、いつも卑屈だし

いっつもイライラしているし

いっつもビクついて

人の顔色をうかがっています。

 

うっとおしいヤツ。

 

それが、世間が見ている

あなたの姿です。

 

 

うっとおしい奴のレッテルを貼られたあなたは

何をするか?というと

 

文句を言う

 

それだけです。

 

あなたがいうことや

やることに

説得力がないのは

 

その結論が

自分で動いて出した結論ではないから。

 

あなたは、文句はいいますね?

ものすごく、文句はいいます。

 

洋服を着たクレーム製造機のようです。

 

でも、ただ文句を言うだけで

何もしていない。

 

理由は

「失敗したくないから」

 

失敗したくないのことを

あなたは

「傷付けられたくない」

「傷付きたくない」

と表現しています。

 

その傷付きが

認知のゆがみから起きた

思い込みだということに

気づいていないために

どんどん状態が悪化します。

 

年齢を重ねるとともに

その信念は

より強固になり

手が付けられない頑固者になります。

 

そして、引きこもるか

 

パワハラ、DV、虐待親

モンスターペアレンツなどのような

 

マウント取りたがりの

ハラスメント加害者になるか。

 

そのいずれかしかありません。

 

本来のあなたの力量が

存分に発揮されないまま

どんどん可能性が腐っていく。

 

とても

もったいないことですね。

 

 

人生を変えたいと思うのなら

「自分が動くしかない」のです。

 

動くことが不安なのは当たり前です。

 

どうやって動いたら良いのか

誰も教えてくれなかったのだし

誰も支えてくれなかったのだから。

 

空を見上げて

「白馬に乗った王子様が舞い降りて

私をここから救い出して

幸せにしてくれないかな?」と

お祈りしていても

何も変わりません。

 

残念ですがSNSの中に

出会いを求めても

動けない人同士が励まし合っているだけで

何も変わらないし動きません。

 

動けた人は

そこから、そうしたコミュニティーから

出て行ってしまうから。

 

その姿を見送りながら

あなたは、また

取り残された自分

見捨てられた自分

やっぱり無価値な自分を感じて

 

生きていても

何も意味がない。

どうして自分を産んだんだ!と

親を呪うことに戻る。

 

そう。

「文句をいうだけ」

戻ってしまうのです。

 

あなたは知らないかもしれません。

 

虐待にあいながらも

生き延びることができた、あなたは

 

他の人たちより

よっぽどタフだし強いのです。

 

やれば、なんでもできるのです。

 

条件さえ整えば

あなたは、何でも

成功することができたのです。

 

だから、今日まで

一人でツラさを抱えっぱなしで

生き続けることができたのです。

 

そのタフさ、エネルギーを

自分を幸せにするために使ったら

どんな願いでも叶うのに

 

あなたは

「どうせ無理!」

「やるだけムダ!」という

 

歪んだ認知パターンに支配されています。

 

あなたを支配しているのは

パワハラ上司でも

過去の親でも

夫でもありません。

 

あなたの認知パターンです。

 

本気で動くか。

 

それとも、これからも

文句を垂れ流して

腐っていく人生を選ぶか。

 

選ぶのは、あなたです。

 

この資料を読んで

本気で動いてみたいと思えたら

下記の事前相談をご利用ください。

 

 

 


 

 

本気のあなたを

お待ちしています。