何が目的で活動しているの?という質問

 

「活動の目的は?」

 

対人支援活動をしていると

動機について

質問される機会が増えます。

 

私は、あまり

美しいことは考えていません。

 

例えば

虐待被害の経験を

人の役に立てるように

美しく昇華させて手放す、、なんて

 

そんな

背筋の寒くなるようなことは

残念ながら考えられません。

 

ドス黒い

ドロドロとしたものは

(私が茶話会でよく言う黒い気持ちってヤツです)

 

回復したとしても

心の片隅に

永遠に残りますし

 

その存在にフタをすることも

良し悪しだと思っています。

 

 

 

私の活動の目的とゴールは

「納得」だと思っています。

 

その方なりの

人生への納得です。

 

 

虐待被害と

その後遺症は

納得がいかない人生の連続だから

 

理不尽さと

不本意の中で

 

溺れそうになる自分を

持て余して疲れ果てている

 

その状態の方々に

情報を提供して

 

納得するための選択肢の幅を

少しでも増やせるお手伝いをしたい。

 

 

 

情報があれば

その分、選択肢が増えます。

 

いらない情報は捨てて

自分に必要なものだけ

取捨選択すれば良い。

 

それに迷ったり

悩んだりしたときに

 

一緒におそばにいる。

 

 

強引な介入や

余計なアドバイスや助言はせず

 

お墓の中まで

親を恨みたければ恨めば良いし

 

世の中を怨みたければ

怨んでも良いと思っています。

 

それが、ご本人の納得なら

 

それで良いと思っています。

 

 

気持ちがスッキリせず

モヤモヤしたままなのは

 

自分で決めていないから

自分で選んだことではないから

 

 

だから、納得がいかないのです。

 

納得するためには

選び取るための選択肢が必要。

 

 

それが、私の支援活動です。

 

 

べったりと隣に座って

「うんうん、わかるわかる!」と

相槌を打つだけの

 

お話聴きます傾聴なら

私は、あまりしたくない。

 

人の価値観は

それぞれですから

 

私の活動が

マッチする方もあれば

絶対無理!という方もあります。

 

それも、選択肢、ですよね?

 

 

選んで失敗した後のことばかり

悩んで考え込んでいませんか?

 

結果は、実行したあとにしか

見えないものです。

 

そして、結果は

自分で変えることができます。

 

それをするか

しないか。

 

 

選んでみてくださいね。

 

 


 

個人相談のご予約は、こちら。