複雑性PTSDの人が嫌われる理由チェックリストと対処法

複雑性PTSDの人が嫌われる項目を

以下にリストしてみます。

 

思い当たることがあれば

チェックしてみてください。

 

 

・文句が多い

・ひがみっぽい

・約束を守れない

・暗い

・意見をハッキリ言わず後からグチャグチャ言う

・決められない

・おせっかい

・上から目線

・負けず嫌い

・偉そうな態度

・がんばってますアピールが半端ない

・場を仕切ろうとする

・マウント取ろうと必死

・なんでも自分への侮辱だと受け取る

・バカにされた!とすぐ怒る

・いつもイライラしている

・敏感、過敏を言い訳にする

・人のせいにする

・無責任

・なんでもフェードアウトする(逃げる)

・信用できない

・人の悪口やかげ口が多い

・嫉妬心が強い

・すぐに裏切られた!とキレる

・勘違いが多い

・恩着せがましい

・何が地雷かわからない

・根に持つので面倒くさい

・一度スイッチが入るとセーブが効かない

・恐ろしい勢いでムキになる

・かわいそうな人アピールばかりで重い

・知ったかぶりが多い

・嫌なことがあると引きこもる

・人の意見を聞けない

・自分の意見ばかり押し通そうとする

・自分は優秀だ、できるアピールが半端ない

・遠慮とウザイの区別がない

・気分の波が恐ろしく激しい

・自分の価値を高く見せようとする(盛る)

・見栄をはる

・自己完結できず周囲を巻き込む

・ストーカー的なつきまとい

・眠れないなど体調悪いアピールが多い

 

さて、いかがでしょうか?

リストの中で

思い当たること、思い当たる人

ありましたか?

 

これらのリスト項目は

社会から「問題行動」「問題思考」と

受け取られます。

 

上記のリストは

すべて「複雑性PTSDの症状」です。

 

発達障害と思われていたり

HSPと思われていたり

境界性パーソナリティ障害と思われていたり

双極性障害と思われていたり

気分変調症だと思われていたり

統合失調症だと思われていたり

 

これらのすべては

トラウマ症状と

ストレス反応が影響しています。

 

体調不良や心の浮き沈み

イライラや不眠

食生活の乱れ

飲酒や過度の喫煙などは

 

脳の中の扁桃体が

過覚醒

起こしている状態です。

 

過覚醒というのは

脳の中の

危険を感知する部分である

扁桃体(へんとうたい)が

 

脳の判断をつかさどる

大脳皮質から送られた

危険情報をキャッチして

 

心身を興奮状態にしている状態です。

 

過覚醒は

自律神経の交感神経を有意にするため

イライラして攻撃的になります。

 

小さなことにも過敏に反応して

心が大騒ぎをはじめます。

 

脳の中が

闘うか

逃げるか

死んだふりをするか

 

このストレス反応が起こり

冷静な思考や判断をする

脳の部分はブレーカーが落ちてしまいます。

 

この状態は

自分で自分のコントロールができない状態になります。

 

この状態を

側から見ていると

パニック状態のクレーマー

 

に見えます。

 

これが、あなたが嫌っている

親の姿であり

夫、妻の姿です。

 

虐待被害というのは

複雑性PTSDの人が

過覚醒状態のときに起こります。

 

トラウマ記憶を刺激する

情報のことを

リマインダといいます。

 

トリガーともいいます。

 

このリマインダが

トラウマを刺激した瞬間が

 

あなたが知っている

地雷を踏んだ状態です。

 

なぜ、あなたは虐待や

DVなどのハラスメント被害を受けたのか?

 

それは、加害者が

複雑性PTSDの人だったからです。

 

トラウマについて知らない人は

そうした加害者を

人格障害だと思ったり

性格破綻者だと感じたりします。

 

加害者本人も

自分が、なぜ

そのような行為行動に出ているのか

理解ができません。

 

トラウマについて

知らないからです。

 

では、どうしたら良いのでしょうか?

 

答えは、簡単です。

 

被害者も加害者も

トラウマについて知ること。

 

それだけ、です。

 

 

加害者側のプログラムには

加害者のためのケアプログラムがあります。

 

被害者側のプログラムには

被害者側のケアプログラムがあります。

 

たくさんの支援団体や情報機関があります。

 

複雑性PTSDの人が

回復に至れない最大の理由は

トラウマ症状の「回避」

 

が影響しています。

 

 

未知のことや

初めてのことや場所への

不安や恐怖が大き過ぎて

逃げ続けていることです。

 

どうせ期待はずれだ

ガッカリさせられる

裏切られる

バカにされる

仲間に入れない

 

そう感じてしまうからです。

 

こう思うのは

トラウマ症状だと

あなたは知りません。

 

自分の性格だと思っています。

これが、自分のダメさだと思っています。

 

みっともないと恥じています。

 

その恥を隠すために

偉そうに振る舞ったり

出来るぶって優秀さをアピールします。

 

そして、より周囲から

人が離れていく

悪循環を繰り返しています。

 

あなたが、見栄をはりたいのは

侮辱されたり

自分が価値のない人間だと

思われたくないからです。

 

その感情が

トラウマの症状だと

あなたは知りません。

 

トラウマについて

知るだけでも

十分に楽になれます。

 

知ることから

始めてみてください。

 

きっと

今まで悩んでいたことが

バカバカしくなるくらい

ホッとすると思います。

 

試してみてくださいね。