7・8月の個人相談の予約受付を終了しました

 

いつも、当サイトへお越しいただき

ありがとうございます。

 

7月、8月の新規の

個人相談のご予約は

受付を終了させていただきました。

 

現在、継続中の

相談利用者の方には

 

次回の個人相談の際に

8月以降の日程について

ご相談させていただきます。

 

今後の新規予約の受付は

所属団体のメルマガ

ご案内させていただきます。

 

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

動画配信で複雑性PTSDこころのケア講座をお届けします

 

新型コロナの影響で

毎月2回

会場開催している

 

複雑性PTSDこころのケア講座を

オンラインで開催中です。

 

この講座は、どういう講座か?

というと

 

配られたプリントに

自分の心に浮かんだことを

記入していくだけの講座です。

 

 

記入していくだけ。

答え合わせもなし。

 

ただ、

トラウマについての話は

けっこうしっかりします。

 

リアルタイムの講座は

毎回90分ですが

録画配信は、少し短いです。

 

 

記入中の待ち時間を

省略できるから。

 

 

何が、お得なの?というと

布団の中でも

パジャマでノーメイクでも

 

複雑性PTSDの回復のための

講座を受けられますよ

ということでしょうか?

 

リアルタイムの

オンライン講座なら

本当にお気軽です。

 

受講するかどうかは

下記のページをご確認ください。

 

90分のサンプル動画を

無料で視聴できるリンクがあります。

 

回復のために必要なことは

 

  • たくさんの人から支援を受けること
  • 自分に必要なトラウマの情報を得ること
  • 人と関わる時間を増やすこと

 

まずは、一人でできる

講座から、はじめてみてくださいね。

 

 

電話で問合せ
LINE友達登録
無料でお答えします
無料冊子プレゼント

研究協力者を募集します*虐待被害経験者の声インタビュー協力者募集

学術誌へのインタビュー協力のお願い

あなたの子供時代の被害について

インタビューさせてください

 

心理支援の学術誌に

今年度 掲載予定の

 

 

虐待被害者への

支援を充実させるための

研究ノートを制作中です。

 

この研究のための

インタビューに

ご協力くださる方を募集しています。

 

ご協力のお願い

 

1 このインタビューは匿名です。個人が特定されることはありません。

2 虐待被害についての実情を社会に伝えるためのインタビューです。

3 事前説明・インタビュー(1時間程度)

4 ゆもりなでの個人相談・茶話会・講演会などの利用者の方。

5 募集条件は、30代以上の男女(年齢上限なし)

 

 

1時間ほど、お時間をいただいて

お話をうかがいます。

 

インタビューは

研究代表の加納由絵が

担当させていただきます。

 

 

ご協力いただいた方へは

加納が運営代表の

 

虐待被害を経験した

大人のための月例茶話会に

12月までの茶話会への

無料ご招待

 

または

無料電話オンライン相談

(1回45分)を

ご利用いただくことができます。

 

応募締切:2020年5月31日(日)23時まで

 

詳細、お申し込みはこちら。

https://www.reservestock.jp/events/439776

 


 

事前に個人相談を受けてから

インタビューを受けるかどうか

決めたい方は

お電話でご予約ください。

 

予約日程は

下記の面談予約カレンダーで

確認できます。

 

【ご自宅まで郵送でお届け】複雑性PTSDガイドブック無料プレゼント

 

外出自粛制限も

いつまで続くのかな?と

感じさせられる毎日ですね。

 

所属団体での個人相談に

来談された方に

 

毎回、無料でお配りしている

A5サイズの冊子があります。

 

こちらの

複雑性PTSDガイドブックです。

全24ページ。

 

・複雑性PTSDというトラウマについて

・トラウマからの回復

・DVと虐待

・マルトリートメント

・トラウマの心理療法の種類

・当事者の心理と思考傾向

 

などについて まとめた簡易ガイドブックです。

 

 

なかなか、手渡しで

お配りすることができないので

 

5月6日(水)まで期間限定で

ご希望の方に

 

ご自宅宛に郵送で

無料配布させていただいています。

 

郵送は、郵便のクリックポスト

利用してお送りしています。

 

このような感じです。

 

ご用意している在庫数は500冊。

十分に在庫がありますので

 

ご希望の方は

こちらからお申し込みください。

 

 

 


 

送料140円のみ

ご協力をお願いします。

 

*5月7日以降は、送料200円になります。

 

詳細は、申し込みページで

ご確認ください。

 

ご利用お待ちしています。

 


 

電話で問合せ
LINE友達登録
無料冊子プレゼント

 

新型コロナウイルスへの緊急事態宣言を受けて

 

4月・5月の2ヶ月間は

電話・オンライン相談のみで

ご相談を受け付けています。

 

この期間は、無料相談を

利用できる日があります。

 

必要な方はご利用ください。

 

 


 

現在、個別のお問い合わせは

受け付けていません。

 

団体ホームページ

今後の予約予定など

ご確認ください。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

複雑性PTSDこころのケア講座


このような方にオススメ
複雑性PTSDについて知りたい

 

期待できる効果

回復のための知識や情報がわかります

なぜ あなたは

「生きづらい」のでしょうか?

それは、回復のための

情報が不足しているからです。

この講座は、心の回復のために必要な
複雑性PTSDについての情報を資料を使って
お伝えするための講座です。



複雑性PTSDという心の状態
 

対象者

この講座に参加してほしい方

1 自分を「変だ」「人と違う」と感じて悩んでいる方

2 複雑性PTSDという心の状態についての知識や情報が欲しい方

3 いろいろな心理療法や治療を受けたのにピンと来なかった方

4 がんばっているのに考えがループして悪循環を繰り返している方

5 HSP またはアダルトチルドレンの項目に、ほぼ当てはまる方

 


 

あなたの心の中に

生きづらさや

居心地の悪さを作り出している

複雑性PTSDについて

記入式の資料を使って

わかりやすくお伝えします。


講座内容・スケジュール


時間:10時から11時30分(12時までに退室)

場所 東京ウイメンズプラザ

2階 第二会議室

参加費 3,000円(事前予約)

参加条件:複雑性PTSDに関心のある方ならどなたでも

 


 

内 容

講座開始10分前から開場・受付

資料を使った講座(座学のみ)

・参加者同士のワークはありません。

・自己開示する必要はありません。

 


 

申し込み〆切

開催日の1週間前まで

*最小人数 1名さまから開催します。

*当日予約・当日精算OK!

 

このページをごらんの方へメッセージ

あなたが悩んでいる心の状態は、複雑性PTSDというトラウマが生まれるプロセスや原因、その症状と対処法を知ることで解決することができます。この対処法を知ることで、自分が自分の治療者になることができるようになり、あなたを助けてくれる人や頼れる人、信頼できる人や理解してくれる人を探し求める、心の救世主探しの旅に終止符を打つことができるようになります。感情の調節やコントロールについて悩むことから解放され、毎日を楽に普通に生きることができるようになります。

 

注意事項

1 キャンセル待ちの方のために、キャンセルの場合は早めにお知らせください。

2 講座は座学のみです。参加者同士のディスカッションなどはありません。

3 インフルエンザや風疹など、感染症に罹患中・疑いのある方は、参加をご遠慮ください。

4 お支払い後の返金には応じられませんのでご注意ください。

 


最後にひとこと

自分の中で起きていることを知ることが、あなたの心の回復につながります。知ることは、自分で決めて進むことができる自信になります。

この講座の目的は、あなたにあなたの専門家になっていただくことです。

 


 

「複雑性PTSDこころのケア講座」のご案内

 

【開催地】

「複雑性PTSDこころのケア講座」は

表参道と柏の葉で開催しています。

 

合計6回にわたって、複雑性PTSDが生まれる様々な要因、トラウマからの回復、グリーフ、DVと虐待、家族や人との関わりなどについて考え学ぶ講座です。人として与えられたパワーを再確認しながら、新しい自分の姿を考えましょう。是非ご参加ください。

 

途中回からの参加・1回のみ・遅刻・早退OKです。

 

参加は、複雑性PTSDと虐待に関心のある方なら、どなたでも。

 

【参加費】各回 1回 3,000円

 

*講座の日程は変更になる場合もあります。

無料メールマガジンにご登録いただくか

団体ホームページにてご確認ください。

 

 

【講座 テーマ】

1.トラウマを知る(単回性トラウマと複雑性PTSD)

2.心が回復しない仕組み(回避とスタックポイント )

3.出来事の意味とインデックストラウマ

4.あなたの考えのパターンを知る

5.回復のための5つのテーマ

6.  子供の心の発達と虐待・生育環境とグリーフ(失った過去時間)

 

 

講座では毎回、書き込み式のオリジナルのプリントを配布します。質問にひとつひとつ答えていくことで、自分のこころを整理したりより良く理解できるようになります。また、ものごとを別の視点から考えてみる良い機会でもあります。お配りするプリントは回収することはありませんので、自分の言葉で思いつくままに素直に書き進めて頂きます。投げかける質問には正解は用意されておらず、10人いれば10通りのことばがあるものと思いますので、自由にお答えください。

 

ファシリテーター:団体所属 臨床傾聴士

 

【参加について】

・20歳以上の成人に限らせていただきます

・虐待の経験やトラウマの有無を問いません。

・自己開示する必要はありません。

 

【参加にあたってのお願い】

・参加者同士としてお互いに尊重しあい、他の参加者の発言はオープンな気持ちで聞きましょう。また、他の参加者への批判やアドバイスは避けてください。

・講座ではそれぞれの持つ感情などについて話をすることもありますが、各自の経験については、基本的に自己開示しないように気をつけてください。

・また、自己開示があった場合を含めて、この講座の中で話されたプライベートな情報や、参加者に関する事は外部で話さないようにお願いします。

・会場にお子さまをお連れいただくことはできません。

 

【お知らせ】

・テーマとして連続講座の設定となっていますが、必ずしも連続で受ける必要はありません。関心のあるテーマやご自分のスケジュールに合わせてご参加ください。

・テーマは半年ごとに繰り返し行われます。

・講座の内容は、必要に応じて更新されます。

 

講座チラシダウンロード(PFD)

  

 


場所
東京ウイメンズプラザ
渋谷区神宮前5-53-67
アクセス・地図
参加費

複雑性PTSD こころのケア講座 参加費

3,000円

支払方法

銀行振込 またはクレジットカード

定員 12名

 


講座内容へのお問い合わせは

受け付けておりません。
詳細・お申し込みは、こちら。
新型コロナウイルスへの緊急事態宣言のため、4月・5月は、オンライン開催に変更になります。

虐待被害者だった大人のための認知処理療法(CPT)セッションのご案内

 

虐待被害者だった大人のための

認知処理療法(CPT)セッション 全12回のご案内

 

 

認知処理療法(CPT)は

過去のトラウマティックな出来事のために

影響された「生きづらさ」を解消するための

安全な心理療法です。

 

12回のセッションでは

毎回、テキスト(記述式資料)を使って

トラウマ理解のための心理学習と

生きづらさ改善のための練習問題を

一緒に考えながら

心のケアと回復を目指します。

 

 

PTSDに対する認知処理療法

認知処理療法(Cognitive Processing Therapy; CPT)

CPTとは、非常に深刻な出来事の後に、こころの傷を受けることによって生じるトラウマの症状、そしてそれに伴って生じてくる抑うつ状態や強い罪悪感に対して効果的な心理療法です。毎週、12回の個人セッション(50分)か、集団セッション(90分)で実施します。

これまで、性暴力被害者、子どもの頃からの虐待、戦争体験などによる心的外傷後ストレス障害(PTSD)を対象に、その有効性が報告されてきました。その有効性は、米国、オーストラリア、ドイツ、コンゴなど、世界の多くの地域で確認されています。

CPTはアメリカのリーシック博士、マンソン博士、チャード博士という、3人の女性の臨床心理学者によって開発されました。

 

CPTの特徴

1 おだやかに考え直す(認知療法)
トラウマティックな経験をすると、それまでの世界観や、自分に対する見方が大きく揺るがされたり、変わったりすることがあります。CPTでは、どのように世界やご自身、あるいはトラウマの経験を理解し、整理できるかを考え直していきます。

 

2 スタックポイント(引っかかり)
PTSDからの回復を妨げる考え方・認知のことを、スタックポイントと言います。これは人によってさまざまです。その人固有の“引っかかり”を見つけることで、PTSDをときほぐす作業が始まります。
3 5つのテーマ
スタックポイントは、「安全、信頼、力とコントロール、価値、親密さ」5つのテーマに関係することがあります。例えば、以下のような考えについて見直していくかもしれません。

  • 安全「世界は完全に危険な場所である」
  • 信頼「人は信頼できない」
  • 力とコントロール「自分は何もできない」
  • 価値「自分は汚された」
  • 親密さ「もう二度と、人と親しくなることはない」

 

 

4 感情を大切にする
本来ならば、自然に感じてもいいはずの感情が、なかなか感じられなかったり、知らぬ間に抑制されていることがあります。また一方で、本来は感じる必要のない感情を感じて、苦しむようなこともあります(e.g., 罪悪感)。自然な感情をそのままに感じることで、ご自身を取り戻すことにつながっていきます。

 

5 時間が限られた療法である
CPTは一回50分、全12セッションで構成されます。短期間だからこそ、集中して取り組むことができます。

 

6 集団にも実施が可能
数名を対象としたグループでCPTを実施することができます。

 

7 関係性を重視する
CPTで扱う5つのテーマは「他者との関係性」が鍵となります。この特定領域に取り組みながら、援助者と被援助者との治療関係を重視します。

 

 

CPTの実施内容

1 PTSDや、こころの仕組みを理解する
PTSDとは何か、どうしてつらい症状が維持されてしまうかを学びます。こころの仕組み(思考と感情のつながり)を学びます。

 

2 見つめる力をつける
状況をどう解釈するかによって、感じられる感情が変わります。ご自身のこころの動きを観察する練習をします。

 

3 トラウマの整理
​トラウマの体験がなぜ起こったのか、その体験によって世界や自分に対する見方がどのように変わったのかを、筆記します。その中で、自然に感じる感情を感じるとともに、回復を阻んでいるスタックポイントを探します。

 

4 トラウマについての考え方・認知を見直す
トラウマ体験がなぜ起こったか、原因はどこにあるかを考えていきます。PTSDの症状のひとつに、過度に自分を責め、罪悪感を感じることがあります。本当にご自身に責任があるかを考えていきます。

 

5 5つのテーマ
トラウマ体験によって影響を受けやすい、「安全、 信頼、力とコントロール、価値、親密さ」というテーマを見つめながら、ご自身の抱いている考え方を見直していきます。

CPTの捉え方

CPTでは、トラウマの体験の後には、精神的・身体的な症状は誰にでも起こり得ると考えます。しかし同時に、多くの場合は、その後に、自然と症状が回復していくと考えます。CPTでは、この自然な回復が何らかの要因で、途中で阻まれてしまった状態としてPTSDを理解します。治療では、何が自然な回復を妨げているのかを、とくに“考え方”に注目しながら、一緒に探っていきます。

 

 

例:回復を妨げうる考えや行動

  • 「自分が体験した出来事を思い出すような事柄から逃げ続けないと、いつか自分が膨大な感情に押しつぶされてしまう」と信じ込んでいる。そのため、想い出すものを避けようと自宅から出ないようにする。
  • 「自分だけが生き残ってしまった」と考えて強い罪悪感を覚え、楽しい時であるはずなのに笑えない。または、笑いそうになる自分に罪悪感を抱き、価値がない人間だと思い込んでしまう。

 

出典: 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター 認知行動療法センター

 

 

 

 

 

利用方法

 

個人カウンセリング(12回)

料金 1回 3,000円(50分)

詳細は、お気軽にお問い合わせください。

 

カウンセリング時間(90分 6,000円)終了のご案内

 

これまでご利用いただいてまいりました

90分 6,000円の時間枠は

2019年12月末日をもちまして

終了させていただくことになりました。

 

2020年1月1日より

ご予約の時間枠は

45分 3,000円のみになります。

 

詳細は、ご予約時に

ご確認ください。

 

どうぞよろしくお願いいたします。