アダルトチルドレンのカウンセリングを知りたい人にオススメの本:今日の本

おはようございます。
心理カウンセラーの加納由絵(かのうよしえ)です。

今日は、アダルトチルドレンのカウンセリングについて
とても参考になる本を、ご紹介します。

女優でタレントの東ちづるさんが
自らアダルトチルドレンだと公表して
この本が出版されてから、もう13年が経ちました。

この本の内容は、
東ちづるさんご本人がAC、お母様もAC、お祖母様もACという
ACの「世代連鎖」の典型とも言える家族の話です。

東ちづるさんの発案で、ご本人とお母様が
カウンセリングを受けることになり

全12回に渡るカウンセリングの逐語記録
(※逐語記録…カウンセリング中の会話を記録したもの)
出版されているという

カウンセリングの常識(クライエントへの守秘義務)を
敢えて公表されています。

カウンセリングは、
東ちづるさんが3回、
お母様が3回、
母娘一緒の三者カウンセリングが3回の予定が
3回追加になって、トータル12回となっています。

(本の中には、そのうちの9回分が記録されています)

実際に、カウンセリングを体験した方だと
解りやすいかもしれませんが

この三者カウンセリングでの
母・娘、双方の心のゆらぎが
とても臨場感を持って、リアルに感じることができる内容です。

現代の「アダルトチルドレン」の特徴は

母親が
「子供には、自分と同じ思いをさせたくない」と
子供に向けた愛情が
「本来のあるべき姿を壊してしまう」ために

なんとも理不尽で悲劇的な形で
母親と同じ、または それ以上に

子供にアダルトチルドレンとしての連鎖を
産んでしまうという結果になっています。

機能不全家庭なら、まだ 気付かれやすいのですが
現代のケースの多くは
世間的には 「良い家庭」「恵まれた家庭」と思われている

ごく普通の幸福そうな家庭内で
アダルトチルドレンの負の連鎖が起きていること

機能不全家庭以上に、
その数は 増えて来ていること

その予備軍も含めると
現在の日本の半分近くの家庭は
なんらかのAC予備軍の危機を抱えており

それに気付かずに生活している、といっても
過言ではないかも知れません。

アダルトチルドレンとして生きている人は

「不必要・不自然な遠慮」と
「自分の心とは違う我慢」を積み重ねて生きています。

それが、「生きづらさ」となり
「自分の理解者への渇望」という形となって

アダルトチルドレンの人の心の奥に
姿をかくして住み着いているのです。

ご自身が、ACかも知れないと思う方は
この本を読まれることを、オススメします。

なるほどね、と思うことが
たくさん出てくること、うけあいです。

“私”はなぜカウンセリングを受けたのか―「いい人、やめた!」母と娘の挑戦/マガジンハウス
¥1,512
Amazon.co.jp

・ 認知行動療法セッションが効果的な方・

アダルトチルドレン、うつ病、対人恐怖症、人間不信

パニック障害、PTSD、引きこもり、不登校、トラウマ毒親、毒母、母娘問題 など。

「負けず嫌い」「プライド高い」と、よく言われる*アダルトチルドレンが受けやすい誤解

こんばんは。
心理カウンセラーの加納由絵(かのうよしえ)です。

あなたは、人から 
「○○ちゃんて、負けず嫌いだよね」
「○○さんて、プライドが高いよね」

と 言われることはありませんか?

これは、アダルトチルドレンの人が受けやすい誤解の ひとつですね。

「負けず嫌い」なのではなく、
完ぺきを求めて 自分を追い込んでいる
その姿が、他人の目には 「負けず嫌い」に映る、

「プライドが高い」のではなく、
反対に、自分で自分への評価が低いから
人から傷付けられることに過敏。
その姿が、他人の目には「プライドが高い」ように見える。

そして、周囲の そういう目、そういう誤解が
自分に対する評価のような気がして
どんどん気が重くなってしまう。

自分の気持ちに、素直に反応できない
周りの人が感じている自分を演じることに、
本当は 疲れ切っているのに
自分が、何に疲れ切っているのか、わからない。

いつも気持ちがザワザワしていて
肩甲骨のあたりに、無意識に力が入っていて

「この世に私のことをわかってくれる人なんていないんだな、」という
寂しい気持ちから逃れられない。

ほんの少しのコツを知るだけで
そういう負担から抜け出すことができます。

認知行動療法は、一度 身につければ
生涯 活かせる、セルフカウンセリングができるようになりますよ。

よろしかったら、サロンに遊びにいらしてくださいね^^

親を責めたり、許したりして、あなたは幸せですか?

こんばんは。
心理カウンセラーの加納由絵(かのうよしえ)です。

今日は、久しぶりにジャケットを着ました。
暑い日が続いていたので、こういう日は ちょっと ホッとしますね。

「毒親」「毒母」という言葉も、そろそろ死語かな?と
私は、そう感じています。

自分勝手だった 母親を責めて、
「お母さんのせいよ!!」と 石でも投げ付けたり
長年の恨みを、一気に まくし立てれば
それで気が済む方もあるのかもしれませんが

誰かを責めたり、攻撃した後って
その後、自分を責めることに戻ってくるような気がします。

そう。 人のせいにするのは簡単なことですから。

私も、一時は そういう中に自分が居たので わかりますが
すべてのことが、いちいち母親に結びつくのです。

そのたびに、いちいちイライラして、自分が悲しくなりました。

「私の人生、返してよ!」と 何度も思いましたね。

そう思っている方が、楽だったので。

人の不満、ストレスの対象は
大きく分けると、3つしかありません。

「自分」  「相手(他人)」   「環境(世間)」 です。

例えば、売上が伸びず、仕事が上手く行かない時、

・どうして、私は こんなに能力がないんだろう。(自分)
・どうして、部長は、いつも こんな仕事ばかりさせるんだろう。(相手)
・どうして、誰も買ってくれないんだろう。(環境・世間)

このように、同じストレスを感じていても、
受け手によって、それぞれ 意識が向かう対象が違いますね。

この、どれかに あなたも当てはまります。

これが、認知行動療法で言う 「認知のクセ」です。

いつまでも、母親を「毒母」・「毒親」と 意識していたり
許す許さない、責める責めない、という状態にいるということは

まだ、自分自身が その対象への執着を捨て切れていないのです。

過去と相手(他人・環境)は、自分の意志では変えられません。

自分が変わる必要もありません。

それでは、何をするべきでしょう?

答えは、来月のセミナーで ^^

・ 認知行動療法セッションが効果的な方・

アダルトチルドレン、うつ病、対人恐怖症、人間不信

パニック障害、PTSD、引きこもり、不登校、トラウマ毒親、毒母、母娘問題 など。

私は、やっぱり「毒母」「毒親」なのでしょうか?

こんにちは。
心理カウンセラーの加納由絵(かのうよしえ)です。

サロンにいただく、お悩みのトップは

私は、やっぱり 「毒母」 「毒親」なのでしょうか?

というものです。

私は、やはり「毒母」 「毒親」だった

誰も理解してくれない ツラさや寂しさを抱えて

それでも「お母さん」という笑顔で隠して
無理を続けていたり、
一人で悩み続けていたり。
子供からは 毒母と呼ばれ、自分は 毒母の元に育ち
母親としての悩み、娘としての悩み

私たち40代、50代の世代は、
この両方のツラさを背負って生きています。
ある日、突然 
「お母さんのせいだ!!」と、
恨みや憎しみの涙で いっぱいの言葉を
お子さんから吐き捨てられて
とうとう その日が来てしまったと、自分を責めていたり
誰にも言えずに、苦しんでいたり。

あなたが本当の笑顔を取り戻すこと。
それは、そのまま家族の笑顔につながります。
 
*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

来月の交流会で、お悩みをシェアしてみませんか?

今なら、まだ 交流会終了後の個別カウンセリングの受付が可能です

詳細は、こちらのリンクでご確認くださいね。

ハートの点(purple)これまでのカウンセリングを受けられた方のご感想ハートの点(purple)

突然、大学生の娘が家を出たい、一人暮らしをしたいと言い出し
その理由が、「私のせいだ!」と言われ、悩んでいました。
私は、これまで 娘のためにと いろいろ努力をしてきました。
自分が母と同じような親になるのがイヤで、精一杯がんばって
娘には自分と同じ思いはさせたくないと思っていたのに
結局、やっぱり私は娘にとっての「毒母」になっていたんだとショックでした。
カウンセリングを受けてみて、これからの娘との接し方が
少しずつ、わかってきたような気がします。

埼玉県 S・E 様

夫に相談しても、わかってもらえず
昔、実家にいた頃の自分と
今の子供の姿がダブって見えて、辛くて どうして良いか わかりませんでした。
誰かに助けて欲しくて、本当に誰もいないことが寂しくて。
毎日、なぜ?の連続でした。
ホームワークを続けていて、少しずつ落ち着いてきました。
気持ちが前向きになってきているのが感じられます。

練馬区 みさと 様

先日は、ありがとうございました。
娘のうつ病の原因が自分だと知ったときは
本当に死んでしまいたいような気持ちになりました。
娘が幼い頃にイジメにあっていたことを知り
どうして、こんなに母と娘は似てしまうのだろうと悲しくなりました。
以前と、何かが変わってきたような気がします。
時期が来たら、今度は娘も一緒のカウンセリングを、お願いします。

千葉市 R・M 様


皆さまのご参加をお待ちしております。

・ 認知行動療法セッションが効果的な方・

アダルトチルドレン、うつ病、対人恐怖症、人間不信

パニック障害、PTSD、引きこもり、不登校、トラウマ毒親、毒母、母娘問題 など。


※このページの画像は、神楽坂サロン周辺のものです。

「インターネットを使った認知行動療法」千葉大学認知行動生理学*無料の被験者募集サイト

おはようございます。
心理カウンセラーの加納由絵(かのうよしえ)です。

「認知行動療法」というカウンセリング療法自体、
まだまだ かなり日本国内では、知名度が低いので

こういう研究機関があることすら
一部の関係者しか知らない、というのが現状ですが

千葉大学医学部では、
「認知行動療法」の臨床試験に協力できる
無料被験者を募集しています

研究対象となる症例は

・うつ病のインターネットを使った認知行動療法   
(こころの達人プロジェクト)
・うつ病・パニック症(パニック障害)
・子どもの強迫性障害に対する認知行動療法
・強迫性障害の認知行動療法(18歳~50歳の方対象)
・うつ病に対する集団認知行動療法
  (千葉市民対象・無料)
・発達障害の方対象の被験者募集
・摂食障害の方対象の認知機能改善療法研究

と、なっています。

概要は、

・初診料のみで、インターネット認知行動療法を無料で受けられること。
・8週間のプログラムを実践でき、20週間の経過観察を受けることが可能な方。
・この臨床研究に同意できる、18歳以上の方

などが、参加条件となります。

セラピストのサポートを毎週メールで受け取ることができるので
わからないことや、困ったことがあったときも安心なのだそうです ^^

大学の研究期間も、本気で取り組んでいる

「認知行動療法」

効果が期待できますね笑顔

このサイトの詳しい情報は

こちら から どうぞ→ 千葉大学認知行動療法生理学「被験者募集サイト

記憶が曖昧な時期がありませんか? アダルトチルドレンかも知れないと思うあなたへ

こんばんは。
心理カウンセラーの加納由絵(かのうよしえ)です。

あなたは、過去の記憶の中で
「記憶が曖昧な時期」は、ありませんか?

小学生の頃、中学生の頃、
10代、20代、
初めて付き合った人のこと、など。

なぜか、その時期のことだけ
妙に思い出せない、
記憶がない、ということは ありませんか?

「覚えていない」ということについて
特に 気にならないし

その頃は、別に 問題なく過ごしていた、という
確固とした記憶があれば良いのですが

「なぜか、記憶が飛んでいる」という場合は
少し注意が必要なこともあります。

これは、心の世界のお話では
「解離(かいり)」という状態にある場合があります。

人は、自分の身に起きたこと すべてを記憶しているのではなく
自分にとって、自分が生きて行くために必要な記憶だけを
残して生き続けているのです。

おおまかな言い方をすると
「自分に都合の良いことだけを覚えて生きている」
のですね。

そのため、自分に不要な記憶や
生きて行くために邪魔な記憶を、
無意識に消していることがあります。

厳密に言うと、
「記憶にフタをしている状態」ということになるかもしれません。

その記憶があると、前に進めない
生きて行くにはツラすぎると心が判断すると
その頃の記憶は、自然に薄らいでしまい

その頃のことを、誰かから聞くと
まるで、他人の物語を聞かされているような
心持ちになることがあります。

ですが、個人で無理に
その記憶を呼び起こすことは、危険を伴う場合があります。

そういう場合は、専門的な知識のあるカウンセラーなどに
相談してみるのが良いかも知れません。

もちろん、
「あまりに関心がなさ過ぎて忘れてた笑ということなら
安心ですが(笑)

つまるところ、人間は
「生きる」 「生存」ということに
すべてのエネルギーを向けるのです。

生きもの、ですから。

人間の身体というものは
本当に良くできています。

身体のサインに敏感になると、心の病にかかる前に
未然に防ぐことができます。

予防医学が進んでいる現代でも
まだまだ、「心の病の予防」には、無関心な方が多いですね。

自分の心の声に
耳を澄ましてあげてくださいね ^^

・ 認知行動療法セッションが効果的な方・

アダルトチルドレン、うつ病、対人恐怖症、人間不信

パニック障害、PTSD、引きこもり、不登校、トラウマ毒親、毒母、母娘問題 など。

アダルトチルドレン 気負い過ぎてしまう自分

こんにちは。
心理カウンセラーの加納由絵(かのうよしえ)です。

アダルトチルドレンの特徴として
「気負い」が あります。

必要以上に、がんばってしまったり、
必要もないのに、一人で勝手にムキになってしまったり。

自分で自分に、負荷をかけてしまい
「できない」のに無理をして
「できない」自分が許せず(認められず)に
自分で自分を責めてしまう

安請け合いをする人、無責任な人と言われたくなくて
がんばれば、なんとか なるかもしれないと
必死に努力してしまう。

これは、過去の経験から生まれた
「歪んだ承認欲求」の一つです。

できない自分を受け入れてもらえない、
愛してもらえないかもしれないという思いや経験が
あなたを、追い込んでいます。

そのたびに、
「いい子」の仮面を 脱ぐことができずに
あなたはツラくなったり
苦しんだり。

「選ぶ」 と いうことを、心掛けるようにしましょう。

・今、そうすることは、自分にとって必要なことなのかどうか?

これまでの、
あなたの生き方、物の考え方の
『フォーカスポイント』 は

「自分」ではなく、「相手」でした。

お母さんが喜ぶから、
自分は お姉さんだから、
私は 長女だから、

それは、お母さんや妹や
自分以外の、他の誰かのための選択で
自分のための選択ではありませんね?

対象が、自分ではなく、「相手」だと
そもそもの思考の軸自体がズレているため
苦痛が生まれます。

自分の人生は、自分で選んで良いのです。

何か、思い悩むことに出会ったら

・今、それは自分にとって必要か?

・自分が、本当に それを欲しているのか?

を、考え方の基準にしてみましょう。

ガマンと、優しさと、自分を殺すことは
似ているようで違います。

ほんのちょっと、コツを知るだけで
一人でも、自分のメンテナンスができるようになりますよ^^

40代になるまで「生きづらさ」という言葉を知りませんでした


おはようございます。
心理カウンセラーの加納由絵(かのうよしえ)です。

私は、40代になるまで「生きづらさ」という言葉を知りませんでした。

自分がいる状態が
「生きづらい」という状況だということにすら
気付いていませんでした。

自分が アダルトチルドレンらしいと知ったのは
20歳の頃に読んだ
ワニブックスか何かの、心理関係の本だったと思います。


そこに、アダルトチルドレンの特徴が書かれていて
ACというのは
いわゆる「機能不全家庭」の子供がなるものだ、と。

でも、私が育った家庭は
「機能不全家庭」どころか
世間から「立派なご家庭で」と いわれるような家庭でした。

自分が置かれている環境は
それが、ごく当たり前のもので

自分が抱いている感覚や感情、
気持ちや思いは、
すべて、そうあるべきもので

この、やり切れなさや寂しさ
言いようのない孤独感や満たされない思いは

自分の性格的なことが原因なのだと
ずっと、そう思っていました。


昔、親戚の集まりで
大人たちが宴席で盛り上がっていたときに

その中の、伯父の一人が 私に
「由絵は、好きな高校に通学できて、何不自由なく幸せなんだから!」
と、酔った勢いで怒鳴りつけて来たことがありました。

私が通っていた私立大の付属女子高は
両親、特に 父が決めた高校で
自分で行きたかった学校ではなく

第一志望の高校は、受験すらさせてもらえず
毎日、着たくない制服を着て
顔満面に、いつわりの両親への感謝を浮かべながら
黙って通っていました。

伯父から見たら、
バカみたいに高い授業料を納める、
そんな お嬢様女子高に通わせてもらえている私は
幸せで文句なんて言える立場か?!と
いうことだったのだと思いますが

以降、私は 二度と親戚の集まりには
恐ろしくて顔を出せず
それでも、私の家が 集まりに使われることが
ほとんどだったため

親類の最後の一人が帰るまで
「体調が悪いから」と
トイレに行くのもガマンして
何時間も、長い間
自分の部屋の布団の中に隠れるように潜って
息を殺して引きこもっていました。

物心つくより ずっと幼い頃から
自分の意志や希望は、一切 拒否され拒絶され
親の言うなりにしか生かしてもらえない自分は

やはり、世間から見たら幸せなのだから
不満を持つなど、筋違いも良いところで
親不孝にも程がある、

自分は、自分なりの夢など
持ってはいけないのだと。

私は、誰のために生きているのか、と。

世の中は、理不尽だなと。

そして、結婚しても、親になっても、30代になっても
そうした心の呪縛は消えず、逆に増幅し続けて
私は いつの間にか「承認欲求の権化」に なっていました。

誰か、わかって。
私を、助けて、と。

そして、そいういうことを「生きづらさ」というのだ 
初めて知ったのは
40代になって、メンタル関連の本や記事を
自分から読むようになってからでした。

今の自分の「生きづらさ」にさえ気付かずに
日々、苦しんだり悩んだり

自分の状態や状況を知らずに
気付かずに生きている人は、大勢います。

自分の心の状態を
自分で把握することこそ
「生きづらさ」から脱出できる第一歩です。

気付けば、必ず抜け出せます。

そのための、ワークを続けて行きましょう。

前回は、あなたが「特に、嫌いなもの」を、3個選んで
「きらいな理由」「なぜ嫌いになったのか」
書き出してみました。それでは、今日のワークです。

本日のCBTワーク
あなたに、キャッチフレーズをつけるとしたら?

これから、あなたという商品の 広告やCMを作るとします。

あなたという商品に

どんなキャッチフレーズ、どんなキャッチコピーを付けますか?

思い付く限り たくさん書き出してみましょう。

この続きは、また次回^^

今日も暑くなりそうですね。

では(^_^)/~

・ 認知行動療法セッションが効果的な方・

アダルトチルドレン、うつ病、対人恐怖症、人間不信

パニック障害、PTSD、引きこもり、不登校、トラウマ毒親、毒母、母娘問題 など。

今さら言えない50代のアダルトチルドレン

こんばんは。
心理カウンセラーの加納由絵(かのうよしえ)です。

今日の昼間は、 久しぶりの大きな地震で
ビックリしましたね

3.11のときのことを、思い出してしまいました。
月日が経って忘れてしまっていたようなことが
何かの拍子で、フッと
心の奥から、転がり出てくること
ありますよね。

さて。
最近、ときどき お問い合わせにあるのですが

「私はアダルトチルドレンかも知れないと、最近になって気付きました」

という方が、意外に多いのです。

でも、ACについて知れば知るほど、
今さら 人にも言えないし

いろんな本を読んでみると
「ああ、やっぱりな」と思うことが
ボロボロと出てきて。

この歳になって、今さら
母に、恨みつらみをぶつけたところで
今までの人生が変わる訳じゃなし。

何かに、期待しては諦める。

その連続だった人生は
気が遠くなるような孤独感と寂しさが
つきまとっていたのではないでしょうか。

「あきらめグセ」が、身についてしまっていませんか?

みんな、キラキラしていて
成功していて、がんばっているのに

それに比べて私は、
つまらない人間なのよね。。

そうなんですか?

それでは、今日のワークです。

本日のCBTワーク
あなたが「嫌い」なものを
思い付くだけ書き出してください。

できれば、紙に鉛筆やペンで手書きしてみましょう。
思い付く限り、いくつでも 書き出してください。

人でも、環境でも、食べ物でも
季節でも、においでも、感触でも、色でも
書くものの種類は、何でもかまいません。

書き終わったら、その中で
「特に、きらいなもの」を、
3個選んで、丸印をつけてください。

この続きは、また明日。

今日も1日、お疲れさまでした。

おやすみなさい (*^_^*)

・ 認知行動療法セッションが効果的な方・

アダルトチルドレン、うつ病、対人恐怖症、人間不信

パニック障害
、PTSD、引きこもり、不登校、トラウマ
毒親、毒母、母娘問題 など。

「どうしてわかってくれないんだろう」と悲しくなる理由

こんばんは。
心理カウンセラーの加納由絵(かのうよしえ)です。

帰りの電車の中で、
流れて行く窓の外の景色をボンヤリ見ながら
「やっぱり、行かなきゃ良かった。。」と
ひとりで寂しくなった経験はありませんか。

せっかく、自分に無理をして
友達を作ろうと出かけた
SNSで見つけたランチセミナーで
とても寂しい思いをしてしまった。

対人恐怖症かもしれないと思う自分を
必死で はげまして参加してみたのに。

人は、誰でも 自分が持っている先入観で話をします。

傷付くのは、相手が先入観で話をするから。

相手の人達は、あなたのことを
それまでの過去の経験から
「この人は、こういう人で、こういうタイプの人だ」
勝手に判断して(決めつけて)話して来たのではありませんか?

あなたのことを
本来のあなたとは違うキャラクター(人格)の人だと
勝手に、自分の持っている人格カードの中の1枚に当てはめて
それに見合うような態度を取られたのではありませんか?

実は、プロのカウンセラーでも
この「先入観」を消して相手の話を聴くというのは
大変な訓練と努力が必要な ムズカシイことなのです。

それでは、どうしたら良いですか?というと
初対面の人に
いきなり、自分についてわかってください、というのは
なかなかムズカシイことです。

とりあえずの対処方法としては
「そう見られたいイメージの外見を作る」ことでしょうか。

女性なら、服装やメイクのイメージで
かなり印象を変えることができます。

また、着ている服や持ち物の色だけでも
相手の印象・イメージを変えることができます。

そして、もうひとつ。
具体的に
・相手のどんな言葉、どんな態度が寂しいと感じたか

・相手のどんな言葉、どんな態度が不快だと感じたか


そのときのことを、ちょっと思い出してメモ
してみましょう。

それを続けてみると
自分が、どんなことに傷付きやすい人なのかが
わかるようになります。

そうしたら、それを回避する方法を考えてみる
というのも、ひとつの方法になりますね。

大丈夫ですよ。
今日は寂しい思いをして悲しかったけど
それでもガンバって出かけられた自分を
思いっ切り ほめてあげましょうね ^^

では、今夜は これで。

今日も一日 お疲れさまでした。  おやすみなさい(^_^)/~