「どうしてわかってくれないんだろう」と悲しくなる理由

こんばんは。
心理カウンセラーの加納由絵(かのうよしえ)です。

帰りの電車の中で、
流れて行く窓の外の景色をボンヤリ見ながら
「やっぱり、行かなきゃ良かった。。」と
ひとりで寂しくなった経験はありませんか。

せっかく、自分に無理をして
友達を作ろうと出かけた
SNSで見つけたランチセミナーで
とても寂しい思いをしてしまった。

対人恐怖症かもしれないと思う自分を
必死で はげまして参加してみたのに。

人は、誰でも 自分が持っている先入観で話をします。

傷付くのは、相手が先入観で話をするから。

相手の人達は、あなたのことを
それまでの過去の経験から
「この人は、こういう人で、こういうタイプの人だ」
勝手に判断して(決めつけて)話して来たのではありませんか?

あなたのことを
本来のあなたとは違うキャラクター(人格)の人だと
勝手に、自分の持っている人格カードの中の1枚に当てはめて
それに見合うような態度を取られたのではありませんか?

実は、プロのカウンセラーでも
この「先入観」を消して相手の話を聴くというのは
大変な訓練と努力が必要な ムズカシイことなのです。

それでは、どうしたら良いですか?というと
初対面の人に
いきなり、自分についてわかってください、というのは
なかなかムズカシイことです。

とりあえずの対処方法としては
「そう見られたいイメージの外見を作る」ことでしょうか。

女性なら、服装やメイクのイメージで
かなり印象を変えることができます。

また、着ている服や持ち物の色だけでも
相手の印象・イメージを変えることができます。

そして、もうひとつ。
具体的に
・相手のどんな言葉、どんな態度が寂しいと感じたか

・相手のどんな言葉、どんな態度が不快だと感じたか


そのときのことを、ちょっと思い出してメモ
してみましょう。

それを続けてみると
自分が、どんなことに傷付きやすい人なのかが
わかるようになります。

そうしたら、それを回避する方法を考えてみる
というのも、ひとつの方法になりますね。

大丈夫ですよ。
今日は寂しい思いをして悲しかったけど
それでもガンバって出かけられた自分を
思いっ切り ほめてあげましょうね ^^

では、今夜は これで。

今日も一日 お疲れさまでした。  おやすみなさい(^_^)/~

無意識ってコワい 「自動思考」って何?あなたのストレスを作っている思考パターン

こんばんは。加納由絵です。

さて。
前の記事(「認知療法」「認知行動療法」って何?)で お話していた「自動思考」についてです。

ひとことで言ってしまうと、この「自動思考」というのは
人が持っている「考え方・感じ方のパターンのこと」です。

同じ現実に直面しても、それに対する感じ方・考え方は 人によって、それぞれ違います。

よく「楽天家だから」とか、「脳天気だから」とか、「あの人は生真面目だから」とか
いろいろといわれることがありますが

人には、それぞれに現実を その人なりに どう受けとめるか、という「認知」の流れに、
固有のパターンが出来上がっているのです。

たとえば、いつもいつも お母さんから叱られてばかりいる子が
大きな声でお母さんから名前を呼ばれたとします。
こんな時、呼ばれた子供は 「また、お母さんに叱られる」と感じて
身構えたり憂鬱になったりするかもしれません。

でも、それは この子が、それまでの経験から勝手に想像したことであって
必ずしも、これから起こる現実そのものには当てはまらないかも知れないのです。

お母さんが、この子を大きな声で呼んだのは、
お友達が遊びに来たからかも知れないし
お母さんが何か手伝って欲しかっただけなのかも知れません。

それなのに、この子は 「また、お母さんに叱られる」と、咄嗟に感じてしまった。

このように、何か出来事に出合ったとき、
無意識に頭に浮かぶ「考え」(認知)のことを「自動思考」といいます

その「自動思考」のパターンは、あなたにストレスを与えるような方向を向いていませんか?

この「自動思考」は、そこから生まれた考えや感じ方によって、
そのあとの あなたの気分や行動をあなた自身に判断させて実行させているのです。
そして、それを無意識に決めて、無意識に実行して、ストレスを作って感じてしまっているのは
実は、自分自身、、ということになってきます。

それでは、この「自動思考」と、どう付き合っていけば良いのでしょうか?

それについては、また改めてお話したいと思います。

認知行動療法とは?

「認知療法」「認知行動療法」は、何か困ったことに直面したときに
本来持っていた自分の「心の力」を取り戻し
さらに 心を強くすることで、困難を乗り越えていけるような力を育てる方法として
今、もっとも注目を集めている精神療法です。

これは1970年代に、アメリカのアーロン・ベック氏によって提唱され
日本では2010年4月から正式な保険診療対象のカウンセリング療法として導入されました。
つまり、医師や医療機関で、この「認知療法」「認知行動療法」のカウンセリング治療を受けると
健康保険が適用される、ということです。

何かあったとき、その現実を「どう感じるか」「どう受けとめるか」「どう見るか」を「認知」といいます。
どう感じて、どう受け止めて、どう考えたかで、そこから生まれる感情・考え方・行動など
意志の決定の仕方が、人それぞれに変わってきます。
人は、ものごとを下の図のように心の中で処理しているのです。

o0800053113178038530

人間は、日々の生活の中で、毎日 大小2万回以上もの
さまざまな意思決定をし続けて生きています。
仕事などでの大きな決定・決断から、あと1回噛んだら飲み込もうとか、ですね。

その気の遠くなりそうな毎日の決定・決断の積み重ねの中で
人には、その人なりの「考え方のクセ」が生まれてきます。

これを「自動思考」といいます。

「自動思考」については、また改めてお話させていただきます。

この「考え方のクセ」を治療していくカウンセリング療法が「認知行動療法」です。

「認知行動療法」は、これまでにない とても治癒率の高いカウンセリング療法です。

今までのツラさから解放されて、すてきな笑顔で毎日が過ごせますように

お手伝いさせていただきます。